《2023年・私の南インド映画ベスト10》


【Hostel Hudugaru Bekagiddare】 (Kannada)
【Jailer】 (Tamil)
【Sapta Sagaradaache Ello - Side B】 (Kannada)
【Swathi Mutthina Male Haniye】 (Kannada)
【19.20.21】 (Kannada)
【Vedha】 (Kannada)
【Samajavaragamana】 (Telugu)
【Dhoomam】 (Malayalam)
【Ponniyin Selvan: II】 (Tamil)
【Viduthalai Part-1】 (Tamil)

・2023年は、コロナの影響がなくなったとは言え、数えたら、映画館で観たのは46本だった。あまり観れていない。

・その46本の中で、堂々の1位に輝いたのはカンナダ映画の【Hostel Hudugaru Bekagiddare】。ここで「川縁さんマジっすか?」と言われそうだが、本人はいたってマジである。実際、この映画のみ衝撃的だった。

・この年も2部作もののトレンドが続いており、良い映画でも中途半端感があって、上位に挙げにくかった(例えば【Viduthalai Part-1】)。そんな中で、カンナダの【Sapta Sagaradaache Ello】はパート1と2が近接して公開されるという良い子だったので、上位に入れた。(上にはパート2しか挙げていないが、1と2の2作で3位という意味です。)

・次点(その他の印象的だった映画)は、カンナダの【South Indian Hero】【Daredevil Musthafa】【Kranti】、タミルの【Por Thozhil】、テルグの【MAD】、マラヤーラムなら【2018】

この記事へのコメント